山東省は、孔子や孟子の故郷であり、儒教が盛んであるとともに、道教の盛んな所でもあります。秦の始皇帝が不老不死の薬をもとめて蓬莱にやってきたり、また孫子、呉子、諸葛孔明のような軍略家もたくさん出るなど中国の歴史を刻んだ場所です。

山東省旅行記記事一覧

皆様、こんにちは!スマイル中国語教室のアシスタントの蔡です。 今日は夏休みに私の故郷、山東省の江北水城を旅行しましたので、その旅行記です。 山東省は、面積157,126平方キロメートルで、ほぼ北海道の2倍弱の広さがあります。人口は9,580万人で中国の省で第2位、日本の人口の75%あまりが暮らしており、生産規模も中国第2位という大きな省です。山東省は、孔子や孟子の故郷であり、儒教が盛んであるととも...

皆様、こんにちは!スマイル中国語教室のアシスタント、蔡です。夏休みに久しぶりに生まれ故郷である山東省の実家に帰ってきました。私の故郷ではとうもろこし作りが盛んです。最近では中国の農家も豊かになり、広大な農地にドローンで肥料を撒いたり、監視作業を行うところもあります。10月になると、とうもろこし畑が収穫の時期を迎え、人々は忙しくなり、各家々の屋根や軒先では黄色く熟したトウモロコシを地面に広げて天日干...

こんにちは、スマイル中国語教室のノッポこと、アシスタントの蔡です。 今日は私の故郷、山東省にある煙台市の蓬莱についてです。 蓬莱と言えば、関西の豚まんが有名な蓬莱551を思い出しますが、中国には「蓬莱閣」という渤海と黄海を分ける岬の先端に作られた有名な楼閣があります。(渤海と黄海を分ける岬の先端に作られた蓬莱閣。) 蓬莱閣は、黄鶴楼、岳陽楼、滕王閣とともに中国4台楼閣の一つと言われています。伝説に...

皆様、こんにちは!スマイル中国語教室のノッポさんこと、アシスタントの蔡です。今日は私の故郷、山東省にある台児荘古城について紹介いたします。隋の煬帝の時代、それまで中国の流通は主に東西を流れる黄河や長江が主流でしたが、その二つの大河をつなぐ形で、北京から杭州を結ぶ南北2,500kmにわたる大土木工事で京杭大運河(世界遺産)が築かれました。万里の長城と並ぶ古代中国の三大工事の一つと言われ、造られた京杭...

皆様、こんにちは!スマイル中国語教室のノッポさんこと、アシスタントの蔡です。今日は私の故郷、山東省の山々に残る磨崖(まがい)碑について紹介させていただきます。 王羲之と並び、中国2大書聖と称される北魏の書家、鄭道昭。山東省の山々には、没後1500年が経った今でも彼が字を彫り込んだ「野外芸術」といわれる摩崖碑が残っています。磨崖碑とは、磨かれた石にではなく、自然の岩に文字を彫ったものです。「石碑」と...

皆様、こんにちは!スマイル中国語教室のノッポさんこと、アシスタントの蔡です。 今日は私の故郷、山東省にある、凧あげで有名なウェイ坊市について紹介させていただきます。 ウェイ坊市は昔から凧あげが盛んに行われてきており、市内のウェイ坊人民公園等では、多くの人々が凧あげを楽しんでいる光景をよく見かけます。これは雨が少なく、風向きが一定であることや、昔から木版年画が盛んであったことでデザイン豊かな凧が作ら...

トップへ戻る