私が日本に来た理由

 

こんにちは!スマイル中国語教室の講師をさせていただいている楊欣然です。

 

今日は私が日本に来た理由についてお話します。

 

どうして日本語の勉強を始めたかといいますと、やはり子供の頃の出来事がきっかけです。小学生の頃、日本のアニメがテレビで話題になっていました。たとえば、"ドラゴンボール"、"爆走兄弟レッツ&ゴー"、"ダンクマスター"等です。

 

毎晩夕食後、アニメを見ながら、テレビの前でお父さんと一緒に座ることが一番好きでした。アニメの内容について語り合い、笑い、そしてお父さんは私を喜ばせるため、アニメの登場人物の真似をする、、、、これは私にとって子供頃の最も大事な思い出の一つです。世界にはこのような素晴らしいアニメが子供や大人を夢中にできるのです。

 

ですので、漫画家になり、自分の漫画を描き、テレビで放送したいと思っていました。また、多くの家庭の両親と子供たちで共通の話題を持ち、楽しんでもらえたら!と考えたのです。しかし、残念ながら、私は絵を描く才能がありません、、、。だから、この最初の夢はあきらめました。

 

日本語との縁は、私の父の影響が大きいです。父は私と一緒に日本のアニメを見るだけでなく、時々いくつかの日本の言葉も話していたので、よく覚えていました。父は小学校のときは日本語を習い、成績も良かったので、何年も学んでいないにもかかわらず、たくさんの言葉を覚えていました。私が大きくなるに従い、徐々にアニメに写っている日本の文化に興味を持ち始めました。花火、夏祭り、キャンパスフェスティバル、神社、着物、路面電車などなど。そのため私は大学で日本語を専攻することにしました。私は私自身で本当に興味を持っていたものを大学で学ながらキャンパスライフを過ごすことになったのです。

 

日本語が好きなことで、日本も好きになりました。大学を卒業した後、日本に来て、日本での生活に密着することにしました。

 

今回はここで日本との縁についてお話ししましたが、次回は日本の第一印象についてお話しします。

 

 

トップへ戻る