中国の子供の面白作品

こんにちは!スマイル中国語教室のマーシーです。

 

今日は中国のネットで最近見かけた子供の作品を紹介いたします。

 

八戒の絵はよくかけてますね。子供の作文は笑えますが、先生のコメントも笑えます。

 

(1)中国人の子供の漫画

 

 

 運動してダイエットするのはやめよう!彼は十万八千里もあるいて痩せなかったのだから、、、また彼は野菜しか食べないのに、、、

 

*確かに八戒は天竺まで歩いたけど痩せませんでしたね。

 

(2)中国人の子供の作文

 

 

≪熱くて死んじゃう≫
今日生きていられるのは偉大な二人のおかげなので感謝しなければなりません。1人はアメリカ人で、エアコンを発明したウィリス=キャリアと、もう1人は9個の太陽を射落とした后?(注1)です。

 

 もしこの2人がいなければ、私たちはみんな熱くて死んでしまっているでしょう。どんな贅沢な家、どんな車、そしてどんな幸福なことを見せびらかすのは大したことではなく、本当に能力があるなら熱い太陽の前に出て行くべきであることが今日ようやくわかりました。

 

 僕は単純に負けるのではなくて、熱いことに負けてしまうことだと今日ようやく気が付きました。

 

 最後に私の作文を添削してくれている先生に言いたいです。暑さが厳しいので暑さ対策をしてください。涼しいところがあれば、すぐにそこにいってじっとしているべきです。

 

→(先生のコメント)素晴らしい!ぜひ先生になってくださいね! 

 

 

(注1:Wikipediaより)

 

 

天帝である帝氓ノは羲和という妻がおり、その間に太陽となる10人の息子(火烏)を産んだ。この10の太陽は交代で1日に1人ずつ地上を照らす役目を負っていた。ところが帝堯の時代に、10の太陽がいっぺんに現れるようになった。地上は灼熱地獄のような有様となり、作物も全て枯れてしまった。このことに困惑した帝堯に対して、天帝である帝氓ヘその解決の助けとなるよう天から神の一人である?をつかわした。帝氓ヘ后?に紅色の弓(?弓)と白羽の矢を与えた。后?は、帝堯を助け、初めは威嚇によって太陽たちを元のように交代で出てくるようにしようとしたが効果がなかった。そこで仕方なく、1つを残して9の太陽を射落とした。これにより地上は再び元の平穏を取り戻したとされる。

 

トップへ戻る