呼和浩特の旅行記です。

スマイル中国語教室

呼和浩特旅行記

内モンゴル自治区の異国情緒豊かな玄関口、呼和浩特の旅行記です。

呼和浩特旅行記記事一覧

皆様、こんにちは? スマイル中国語教室のマーシーです。今週から数週に亘って内モンゴル自治区の区都、呼和浩特(以下、日本語読みでフフホト) の旅行記です。―フフホト旅行 プロローグ(序章)― フフホトはモンゴル語で”青い城”を意味し、16世紀に城市が築かれた際、城壁に青いレンガが使用されたことがその名前の由来となっています。現在は内モンゴル自治区の玄関口として、近年急速に工業化が進み、人口100万人...

皆様、こんにちは? スマイル中国語教室のマーシーです。先週から始まった内モンゴル自治区の区都、呼和浩特(以下日本語読みでフフホト) の旅行記。今週はフフホトの歴史の象徴、大召です。大召に行く道中、まずは塞上老街と呼ばれるフフホトの古い街で朝のお散歩。朝ごはんに地元の鉄板焼きで焼いたお好み焼きを一つ!アツアツでなかなか美味しい!各軒先にはツバメがたくさん巣をつくり、なんとものどか。モンゴル民族の物品...

皆様、こんにちは!! スマイル中国語教室のマーシーです。 今週も先週に引き続き、内モンゴル自治区の区都、呼和浩特(以下日本語読みでフフホト) の旅行記です。今週は中国4大美女の一人、王昭君の陵墓です。 時は漢の時代。北方民族の匈奴と漢王朝はたびたび衝突をしており、漢王朝は北方民族対策として、宮廷の女性を北方民族の君主に妻として与えるという政策を取っていました。 漢王朝の元帝は絵師の描いた肖像画によ...

皆様、こんにちは!! スマイル中国語教室のマーシーです。 今週も内モンゴル自治区の区都、呼和浩特(以下、日本語読みでフフホト) の旅行記です。今週は5つの小塔を配したフフホトのチベット仏教寺院、五塔寺です。 清の雍生帝の時代(1723〜1735年)建立され、ダライ=ラマ三世の舎利が祀られています。 元々は慈灯寺というお寺の中にあった五つの小さな塔を持つ金剛座舎利宝塔が、他の建物は倒壊し、この塔のみ...

皆様、こんにちは!!スマイル中国語教室のマーシーです。私は国内外問わず、旅行が好きです。旅行では、もちろん有名な場所を見るのも楽しいのですが、私の個人的な楽しみ方は、その街をふらっと歩いてみること、現地の人との会話、そしてグルメです。 たっぷり時間をかけてその土地を歩くと、今まで一度も通ったことのない道や街並み、また何でもない人の服装・動き・生活スタイルから「この土地の人はこういう生活を送っている...

皆様、こんにちは!スマイル中国語教室のマーシーです。 先週の内モンゴルのシラムレン草原の旅を終え、内モンゴル自治区の区都、呼和浩特(日本語読みで以下、フフホト)に戻ってきました。今週はフフホトの旅行記の続きです。 シラムレン草原から戻ってきた次の日の朝。薄暗い中、フフホト市内の市民の憩いの場である青城公園と満都海公園を散策してみました。中国の公園は池を中心にデザインされた美しい公園が多くて、朝の散...

皆様、こんにちは? スマイル中国語教室のマーシーです。今週も内モンゴル自治区の区都、呼和浩特(以下、日本語読みでフフホト) の旅行記。今回はモンゴルの歴史を収めた内蒙古博物館です。かなり見応えがあったので、2回に分けて掲載させていただきます。内蒙古博物館の建物の形は新しい未来を想像させる銀のユニークな外観となっています。6万余点の文物が収蔵されており、「内蒙古の古生物」、「内蒙古の歴史文物」、「内...

皆様、こんにちは?? スマイル中国語教室のマーシーです。 今週も内モンゴル自治区の区都、呼和浩特(以下、日本語読みでフフホト) の旅行記。先週に引き続き、内蒙古博物館で今回は「内蒙古の歴史文物」です。内蒙古博物館では内モンゴルの歴史を広く学べます。モンゴルは2200年の歴史を誇る国でモンゴルの歴史は遊牧文明の到来とともに始まります。遊牧文明は短い期間で中央ユーラシアに広まり、中国の春秋戦国時代には...

(席力圖召1 本堂は石壁に囲まれたチベット式の建築物でフフホト唯一のチベット式建築物と言われる。)(長寿仏塔(白塔)。清朝乾隆年間に建てられたもの。この形のパゴダとしては、現在内モンゴルに現存する最大のもの。チベットの五色の祈祷旗『タルチョ』は青・白・赤・緑・黄の五色は、それぞれが天・風・火・水・地を表している。)皆様、こんにちは!スマイル中国語教室のマーシーです。今週も内モンゴル自治区の区都、呼...

皆様、こんにちは!!スマイル中国語教室のマーシーです。 数週に亘って特集してきた内モンゴル自治区の区都、呼和浩特(以下日本語読みでフフホト) の旅行記。最後の締めはフフホトの美味しかったモンゴルグルメ編です。羊料理や?面の美味しいお店を訪ねました。モンゴルでは、肉料理を「赤い食べ物」、乳製品を「白い食べ物」と呼びます。モンゴル人の主食は小麦・米ですが、伝統的な料理には香辛料がほとんど使われず、肉料...

トップへ戻る