今週は天津三大グルメの最後として耳?眼炸?についてお話します。

スマイル中国語教室

今週は天津三大グルメの最後として耳?眼炸?についてお話します。

 


(外はカリッと、中はふわっとした食感で、外の皮を噛むと歯切れがよいのですが、お餅は弾力があり、中の餡は滑らかで口溶けが良いです。)

 

こんにちは!スマイル中国語教室の楊 欣然です。今週は天津三大グルメの最後として耳?眼炸?についてお話します。

 

耳?眼炸?は清の時代に耳?眼胡同というお店で作られたのが始まりで、名前はこのお店から取ってつけられたものです(胡同とは天津、北京にある狭い道の街並み)。

 


(耳?眼炸?は清の時代に耳?眼胡同というお店で作られたのが始まりで、名前はこのお店からつけられたものです。)

 

耳?眼炸?の皮は餅米で出来ており、中の餡はあずきと砂糖を揚げたものです。まず食用油で揚げた後、ごま油で揚げ、金色になったら鍋から出します。外はカリッと、中はふわっとした食感で、外の皮を噛むと歯切れがよいのですが、お餅は弾力があり、中の餡は滑らかで口溶けが良いのです。鍋から出した直後は舌が火傷するほど熱いですが、皮と餡が一体となった食感でやみつきになります。

 

 

このお菓子を作るのは簡単に見えます。実際に天津の家庭ではどこでも作られます。しかし油っこくなく作るのはとても難しいので、本当に美味しい耳?眼炸?を食べようとするなら専門店で買った方がよいです。

 

 

 

もし天津に旅行に行かれたらこのグルメを味わってみてください。濱江道?行街で購入できます。またこの?行街でたくさんの天津グルメが楽しめます。次回は天津で人気のショッピング街を紹介いたします。

 

トップへ戻る