マーシーの美味しい中華料理店探し(その6 周さんがつくる美味しい蘭州牛肉麺)

スマイル中国語教室

マーシーの美味しい中華料理店探し(その6 周さんがつくる美味しい蘭州牛肉麺)


(蘭州牛肉麺です。パクチーとラー油を入れ放題!麺は典型的な細麺にしました。まぜまぜして食べると美味しいです。)

 

  こんにちは!スマイル中国語教室のマーシーです。

 

今日は蘭州出身の周さんのお店、周記蘭州牛肉麺を紹介いたします。

 


(お店の前です。難波駅、大黒町駅どちらからも歩いて行けます。)

 

蘭州牛肉麺は中国・西北部の甘粛省蘭州が発祥の麺料理です。中国西北部に多いイスラム教徒の人たちが食べる、豚肉などを使わないハラル料理です。

 

 10種類以上のスパイスと牛骨を煮込んだコクのあるスープと、手のべした細い麺の上にラー油やパクチーなどをのせて食べます。
中国でラーメンというと、このラーメンと言っていいほど中国を代表するラーメンかと思います。日本の醤油、トンコツラーメンとは全然違いますね。

 

 

 お店の中へ入ると店長の周さんがニコニコ出迎えてくれました。なぜか30、40年以上前の日本のヒット曲が流れておりますが、静かで雰囲気は良かったです。

 


(来日20年目になる店長の周さん。蘭州出身です。気さくな方でした。)

 

 メニューを見ると本場の中華料理メニューばかり!!迷いなく、香菜(パクチー)とラー油を全部入りで蘭州牛肉麺を単品で注文してみました。

 


(メニューです。日本の中華料理店ではみられない本場の中華料理ばかりですね。)

 


(蘭州牛肉麺の説明です。)

 


(本場の中華料理が注文できます。)

 


(王老吉やヤシの実ジュースもあります。)

 

 注文すると奥で麺を鮮やかな手さばきで捏ね始めました。注文して3分であっという間に出来上がり。汁が多めですが、パクチーとラー油を混ぜて食べました。中国で食べたものと比べると少しサッパリした感じでしたが、なかなか美味しかったです。

 


(注文すると店の奥で麺を捏ね始めました。)

 


(ラー油とパクチーを最後に入れて出来上がり!!)

 

 中国だとどこにでもある蘭州牛肉麺。私も時々中国人のお友達と行ってました。四川のお友達がパクチーとラー油をガンガンに入れ、汁は少なめでしたが、真っ赤になってまぜまぜしながら食べていたので、ビックリした記憶があります。

 


(大好きな羊肉串も注文してしまいました。)

 


(お店の前の広告の旗!手打ちで麺がおいしいんです!)

 

 本場の蘭州牛肉麺が味わえます!ぜひぜひ行ってみてください!

トップへ戻る